前へ
次へ

コンタクトレンズは医療機器です

コンタクトレンズの技術はどんどん進化していて、使い捨てのもの、カラーが入ったもの、黒目を大きく見せるものなど種類もさまざまです。
昔は視力によってはソフトレンズが使えなかったりもしましたが、今はたいていの視力矯正は目に入れても違和感の少ないソフトレンズが主流でしょう。
しかし、忘れてはいけないのは、コンタクトレンズは医療機器だということです。
気軽に使えるようになったことと、目に入れていても痛みがないことなどからつい雑に扱いがちですが、目はたいへんデリケートです。
特にカラーコンタクトは色が入っている分レンズが厚くて、目に負担がかかるそうです。
それでもコスプレなどで気軽に使う人が多く、目のトラブルが心配されています。
コンタクトレンズはそもそも視力の矯正のために使うもので、しかるべき医療機関でしっかり診察してもらってから使用するのが当たり前です。
黒目を大きく見せるサークルタイプのものは比較的目への負担が少ないそうですが、それでも医師の指示に従うことが大切です。

Page Top