前へ
次へ

医療の近未来動向を見据えた考察

現在から近未来の医療においては、以下のような傾向を示すと予想されます。
まず日本においては、各国の先頭を切るような状況で人口の高齢化が進行して行きます。
伴って、医療従事者に対する需要が高まると共に相対的な人員不足となって、養成が急務となります。
そして人数が増加する事に伴って、医療に対する監修やアドバイスを担う高度な知識・経験を有した人材への需要も、大きく高まるものと予想されます。
また技術や科学の進展に伴い、先進医療が更に発達・導入される事も予想されます。
伴って、実施の為の様々な制度が整って来るものと考えられます。
ですが同時にその先進性故に、一部のものに関しては経費が大きく掛かる事となり、費用の高額化も想定される事態となります。
この事は各国が何れ経験する高齢化の進展と相まって、費用総額を大きく押し上げる要因となり得ます。
場合によっては、世界的な経済・財政圧迫要因となる事まで予想する事が出来ます。

Page Top