前へ
次へ

医学部での小論文に対処するには医療問題を知るべき

大学の医学部入試で小論文が課せられることがあります。
小論文において書き方を学ぶことも確かに重要なことですが、それだけではなく医療問題や社会問題についての知識を手に入れることも重要です。
いざ自分の意見を書こうとなると、必要となる知識がないと全然書けなくなります。
小論文においてはとにかく課題文を読んだうえで、自分の意見を書かないといけませんので、前提となる知識をまずは手に入れましょう。
新聞やインターネットの記事だけでなく、ネタ本となる書籍などを読むことをおすすめします。
必要な知識がないと考える事すらできませんので、いち早く知識を獲得するようにしてください。
医学部における小論文は医師としての適性や資質を問うものが多いですので、自分が医師になった時のことを考えたうえで、自分の意見を論述するようにしましょう。
医学部を受ける人たちですので、当然医療問題について興味があるはずです。
試験対策としてだけでなく将来のことを考えながら知識を手に入れて、自分の意見が言えるようにしましょう。

Page Top