前へ
次へ

患者のストレス緩和の為の医療行為

痛みを緩和することで、患者のストレスを緩和し、治療をスムーズに行えるようにする試みが実用化に向けて動いています。
薬を使わずに患者の痛みやストレス、不調を緩和させるための治療方法として、VRを利用する試みが登場しました。
医療機器として企業が製作し、販売しています。
痛みや不安感を減退させることによって、治療中のストレスから開放され、早期回復を促す働きが期待出来るといわれる方法です。
既に臨床試験の結果では、ほぼ100パーセントに近い患者が何らかの効果を実感したといわれています。
子供向けには既にゲームなどを開発し、治療中のストレスや不安から開放させる動きが大きくなってきました。
子供にとって治療を受けることが不安となることは少なくなく、ストレスのあまり医療機関で大きな声で泣いてしまう子供を見た経験のある人は多いはずです。
子供の病状は急に重症となってしまう可能性が高いため、早期の治療が望ましいといわれています。
早期治療のためにストレスを緩和することで、暴れたり泣いてしまわず、スムーズな治療を受けることができるでしょう。

Page Top